初期セットアップ

セットアップ(オンボーディングを利用)

オンボーディングでは、通常商品が予約販売に切り替わるまでをゴールとしています。


オンボーディングの流れは下記の4ステップになります。

1. 予約販売ルールを作成する

まずは、予約販売ルールを作成します。
ここでは、「ルール名」と「カートボタンテキスト」を設定してください。

ルール名は管理用の名称であり、ユーザーには表示されません。
カートボタンテキストは、予約販売時に表示するカートボタンを文言になります。

※オンボーディングは「通常商品が予約販売に切り替わるまでをゴール」としていますので、条件などの細かな設定はオンボーディングでは行ません。ただし、オンボーディング終了後に「ルール名」「カートボタンテキスト」も「条件」も全て変更可能です。

オンボーディング①:予約販売ルール作成

2. 商品に予約販売ルールを適用する

作成した「予約販売ルール」を予約販売したい商品に適用してください。


(適用手順)

オンボーディング:予約販売ルールを商品に適用


ルール適用のダイアログ

3. 埋め込みアプリを有効化する

予約販売を行いたいShopifyテーマで、RuffRuff予約販売の埋め込みアプリを有効化してください。

(有効化の手順)


※ 本番テーマではなく「複製テーマ」の埋め込みアプリを有効化し、動作確認テストを行うことを推奨しています。

オンボーディング埋め込みアプリの有効化


Shopifyテーマのカスタマイズ画面

4. プランを選択する

最後に、ご利用になるプランを選択してください。
まずは、3日間のトライアル期間のあるStarter Planをお試しください。

参考:プランの違い

セットアップ(オンボーディングを利用しない)

ここでは、オンボーディングを利用せず通常商品を予約商品に切り替える【常に予約販売】のセットアップを紹介します

1. 予約販売ルールを作成する

まずは、予約販売ルールを作成します。



※ 【常に予約販売】以外の「予約販売」および「様々な販売」を行いたい方は、プランの違いに各販売の設定方法を説明したヘルプページへのリンクがまとまっています。

手順1~2


手順3~4


2. 商品に予約販売ルールを適用する

次に、1で作成した予約販売ルールを商品へ適用します


手順1~3


手順4~5


3. 埋め込みアプリを有効化する(まだ、有効化していない方のみ)

※ 既に埋め込みアプリを有効化済みの場合は不要です

予約販売を行いたいShopifyテーマで、RuffRuff予約販売の埋め込みアプリを有効化してください。



※ 本番テーマではなく「複製テーマ」の埋め込みアプリを有効化し、動作確認テストを行うことを推奨しています。

手順1~2


手順3~4